毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  タイのコラム >  マーベルのテーマパーク、タイバンコクでも興行

カテゴリー: 企業の海外進出 その他

2017/10/02

マーベルのテーマパーク、タイバンコクでも興行

 

スパイダーマンやキャプテンアメリカ、アイアンマンなどのキャラクターでお馴染みの米マーベル社による移動式のテーマパーク「マーベル・エクスペリエンス」がバンコクでもオープン予定です。

 

今年2017年1月に香港ディズニーランド内にオープンしたことで話題を博し、2017年10月には釜山で半年間運営し、その後ソウルへ移転とのことでしたが、その次はバンコクへ「マーベル・エクスペリエンス」がやってきます。

 

東南アジアでの興行は今回のタイが初めてで、2017年第2四半期でのオープンを目指しています。投資額は約10億バーツでまずは最初の3か月で100万人の入場者を目標としているとのこと。

 

タイにもテーマパークやアミューズメントパークは多数ありますが、映画関連の大きな施設はありませんね。

しかしながら昨年のタイ映画興行収入を見てみますと1位が『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』とドンピシャでマーベル作品。

2位が『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、3位に『デッドプール』。

4位にようやくタイ映画『ルアン・ピー・チェート 4G』がランクインするといった状況。

 

1位と4位の興収の差はなんとおよそ2倍。タイにおける洋画、とりわけアメコミ系の人気は保証されているといえます。

「マーベル・エクスペリエンス」のタイ興行。移動式という有り難みも相まってかなり盛り上がるのではないでしょうか。日本からこれを軸にして旅行するというのも良いかもしれませんね。

 

<ソース>

・「米マーベルの移動式テーマパーク、2018年にタイ興行」 newsclip.be 2017.9.5

(http://www.newsclip.be/article/2017/09/06/34034.html)

・『タイ映画ライブラリー』 http://www.asia-network.co.in/Boxoffice2016.htm

 

<画像引用元>

・http://www.newsclip.be/article/2017/09/06/34034.html

ASEAN不動産研究所

ASEAN不動産研究所(あせあんふどうさんけんきゅうしょ)

 

ASEAN不動産研究所は将来成長していくASEANの不動産市場を調査し、

より公平で中立的な立場で情報発信する小さな研究所です。

 

日本の未来と密接に絡んでくるASEANというエリアを紐解き、

ASEANの不動産市場の透明化・健全化を目指し、

多くの方にASEANの素晴らしさを共有していきたいと思っています。

そして、日本とASEANを繋ぐ一助になれば、と思って立ち上げました。

 

ぜひASEAN不動産研究所の今後にご期待ください。

 

           ASEAN不動産研究所 所長      田中 圭介 

 

ASEAN不動産研究所 のブログ

ガルーダ・インドネシア航空に新路線。英豪の経由にも

2017/11/14 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

こちらはインドネシアの空の便に関するニュース。スカルノハッタ空港より、インドネシアとロンドンを結ぶ直行便の利用が可能になりました。 以下、少し長いですがじゃかるた新聞より引用です。…

Read More

タイ、無印良品の勢いが止まらない

2017/11/07 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

各国で高い人気を誇り、パクリ(?)店舗が出てくるほどのブランドにまで成長した無印良品。その安心と信頼の人気はタイ国内でも例外ではありません。 …

Read More

ミャンマービジネス誌事情

2017/10/11 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: その他

少し前になりますが、こんなニュースがありました。少し長いですが一部引用します。 …

Read More