毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  タイのコラム >  メキシコ、タイとの関係に積極的

カテゴリー: 政治 社会問題 その他

2017/06/12

メキシコ、タイとの関係に積極的

メキシコの観光省のマリア・テレサ・ソリス大臣が
WTTC, 世界旅行ツーリズム協議会に出席するためバンコクを訪れました。

その際の彼女へのインタビューが5月15日付けのバンコクポストに掲載されています。

メキシコもタイもいずれもその長い歴史と豊富な文化を求めた観光産業が盛んですが、
実は両国ともに「医療行為を目的とした訪問者」もまた多いのだとか。

メキシコとタイは特にこの医療行為を伴う旅行についての情報交換で
結束を強めることになるだろうとソリス氏は語って居ます。
メキシコはアメリカ、カナダなどからの訪問が主であるのに対し、
タイはアジア周辺諸国からの訪問が中心。

地理的な隔たりがあるのでお互いに競争相手にはなりえないので、
情報を共有しノウハウを教え合って両国ともに医療行為を伴う旅行事業の成長を目指したいとのこと。
バンコクポストのこの記事の見出しも
”Our Latin neighbours”(タイのラテンの隣人)
とメキシコに対してかなり友好的な表情。

彼女はメキシコとタイの共同出資でこのような医療行為を伴う旅行の新事業が立あげや、
医療行為を伴う旅行事業の成長を促す両政府間での共同援助がいつかあるのではないかと予測しています。


またソリス氏はタイからメキシコへの観光誘致にも積極的に取り組みたいと意欲を示しています。

メキシコからタイへの旅行者は年間約25,000人。
それに対してタイからメキシコへの旅行紗数は年間で約2,500人と10倍の差が開いています。

メキシコとタイには共通点が多く、
メキシコ人がタイを気に入っているのであれば反対にタイ人もまたメキシコとの相性が良いはずなので
更なるタイ人観光客の誘致を目指したいと彼女は語っています。

たしかにメキシコの人口は1.2億人、
タイの人口は約6.8千万人と差は2倍程度しかないわけですから
10倍の差はかなり大きいと考えられますね。

いくつかのメキシコ企業は既に製造業や自動車部品部門での投資をしており、
まずはこうしたビジネス相手としてメキシコを認知してもらい
家族旅行や結婚旅行でメキシコに来てもらいたいと話しています。
 

まさかメキシコが出てくるとは思いもよりませんでしたが、
観光事業においてはかなり寄り添った関係を築いているようですね。
タイ「への」旅行ばかりに目が行きがちですが、
タイ「から」の旅行者(行先はメキシコに限らず)もこれからどんどん増えてくるかもしれませんね。
 

・Bangkok Post 2017 05.15 “Our Latin neighbours”
http://www.bangkokpost.com/travel/around-the-globe/1249762/our-latin-neighbours

ASEAN不動産研究所

ASEAN不動産研究所(あせあんふどうさんけんきゅうしょ)

 

ASEAN不動産研究所は将来成長していくASEANの不動産市場を調査し、

より公平で中立的な立場で情報発信する小さな研究所です。

 

日本の未来と密接に絡んでくるASEANというエリアを紐解き、

ASEANの不動産市場の透明化・健全化を目指し、

多くの方にASEANの素晴らしさを共有していきたいと思っています。

そして、日本とASEANを繋ぐ一助になれば、と思って立ち上げました。

 

ぜひASEAN不動産研究所の今後にご期待ください。

 

           ASEAN不動産研究所 所長      田中 圭介 

 

ASEAN不動産研究所 のブログ

ミャンマービジネス誌事情

2017/10/11 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: その他

少し前になりますが、こんなニュースがありました。少し長いですが一部引用します。 …

Read More

タイ、酒やたばこの税率引き上げ。税収120億バーツ増

2017/10/06 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報

newsclip.beが報じています。以下、引用です。 …

Read More

エアアジア、関西にも関東にも

2017/10/05 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: その他

マレーシアの格安航空大手・エアアジアが日本でのサービスを積極的に展開しています。 …

Read More