アジア不動産情報なら日本最大級の「アジア不動産情報センター|ARIC」で!マレーシア・タイ・フィリピンの物件情報が満載

アジア不動産情報センター|ARIC

  • ASEAN各国の不動産会社からあなたに最適な会社が見つかる
  • ASEAN不動産を売却する基礎知識
タイ
comingsoon
ルンピニ ウォーター クリーフ
シーロム〜サトーン
1,328万円 3,800,000THB
この物件の詳細
comingsoon
ザエンパイヤープレイスサトーン
シーロム〜サトーン
4,890万円 13,990,000THB
この物件の詳細
comingsoon
バンコクホライゾンサトーン
シーロム〜サトーン
1,178万円 3,370,909THB
この物件の詳細
ザ リバー
ザ リバー
シーロム〜サトーン
2,062万円 5,900,000THB
この物件の詳細
ロイヤル チューリップ スイーツ パタヤ
ロイヤル チューリップ スイーツ パタヤ
現在パタヤのビーチ沿いにはコンドミニアムが飽和状態でこれ以上は建...
1,813万円 5,187,000THB
この物件の詳細
サンズ
サンズ
プリセールの期間が長い為に、 次の展開を考えやすい物件です。...
1,375万円 3,934,520THB
この物件の詳細

タイの不動産投資

2018/01/09現在: 為替相場 1THB=3.4960円 で換算

タイの人口は6,500万人。日本とは長い友好関係にある親日国。2012年にピークを超えた日系企業の進出数は7千社以上。アジア圏で最も多くの日本人が居住している、世界の駐在員が選んだ快適度1位の国(HSBC調査)。2011年の大洪水後は、タイ政府も国家歳入の2割近い3,500億バーツ(約1兆1,200億円)を投入し、洪水・治水対策に真剣に取り組んでいます。洪水後、初めて自動車を購入する消費者に対する減税策が需要を大きく刺激し、自動車の販売台数は前年比81%増の144万台に。自動車輸出も好調で、生産台数は245万台と、世界トップ10入りを果たし、景気はV字回復。タイ国政府は2012年以降、最低賃金を引き上げ、国民の内需を活性化。タイの経済成長率は近年5~7%と高い水準。国民1人当たりのGDPも2013年には年間2,239ドルだったのが、現在では5,000ドルと倍増。消費市場としても、魅力を増しています。

タイ

ブログ

第54回 THE RIZIN竣工記念パーティーに参加しました
2018/08/28
第54回 THE RIZIN竣工記念パーティーに参加しました
*2018年8月:田中撮影 ARIC田中です。 バンコク、タイに出張中です。 今回ついにライジングアジアのパタヤの物件が完成したためゲストとして参加させていただきました。…
第53回 10月についにシンハーコンプレックスが開業
2018/08/07
第53回 10月についにシンハーコンプレックスが開業
写真:Singha Estate HPより 東南アジア好きの皆様、「シンハー」と聞けば何を思い浮かべるでしょうか? はい、タイのビール「シンハービール」ですね。…
第49回 日系デベロッパーが続々とタイに進出
2018/07/10
第49回 日系デベロッパーが続々とタイに進出
*写真は東京建物HPより 2018年に入り、日系デベロッパーが続々とタイに進出しています。 以下に発表があっただけでも記載していきます。 …
第48回 アシュトンアソーク引き渡し開始
2018/07/04
第48回 アシュトンアソーク引き渡し開始
*写真はAnanda社HPより抜粋:https://www.ananda.co.th/en/condominium/ashton-asoke 2018年3月、ある衝撃が走りました。…
タイ ホームセンター市場にコメリが参入
2017/11/24
タイ ホームセンター市場にコメリが参入
今回は前国王の服喪期間が終わり、すっかり彩を取り戻したタイからのニュースです。 あまりイメージがないかもしれませんが、タイの人たちの間でもホームセンターは人気のようです。 …

メルマガ会員登録

物件情報