毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  フィリピンのコラム >  マニラ郊外の戸建て物件を視察してきました。

カテゴリー: 不動産関連

2017/05/31

マニラ郊外の戸建て物件を視察してきました。

フィリピン郊外の物件も価格は上昇中

 

先日、またまたフィリピン出張に行ってきました。

今回は、メトロマニラ(マニラ首都圏)を出て、郊外の物件を視察してきました。

 

写真は、具体的にどこかは言えませんが、メトロマニラから車で約1時間、電車の線路が敷設される予定地で、日本政府が2000億円超の円借款で鉄道を整備するのだそうです。

 

ロケーションを例えるなら「埼玉」でしょうか。

 

近隣の物件、主に戸建てを見てきましたが、土地面積150m2の建売りが1000万~1500万円でした。

 

一等地である、マニラ・マカティ中心部のコンドミニアムが 60m2(1BR)で同じくらいの価格ですから、ローカルのお金持ちからすれば、庭付きの戸建てを志向する人が多いのも納得です。大抵は運転手付きの生活をしてますし。

 

残念ながらフィリピンでは外国人は土地を買えませんので(※注)、投資対象にはなりませんが、現地マーケットを知る上で、コンドミニアムだけでなく、他の物件種別のことも頭に入れておくと良いと思います。

 

 

(※注)東南アジアで外国人が土地の所有権を持てるのはマレーシアだけです。ローカルの代理人を立てて疑似的に買うスキームもありますが、リスクが高いのでお勧めしません。

「ランドバンキング」というスキームも大概リスクが高いです。お気をつけください。

長友佑樹

長友佑樹(ながともゆうき)

株式会社エイリック 取締役・ファウンダー

 

2001年 早稲田大学商学部卒。人材総合サービス業で営業職、インターネット専業広告代理店でWEBディレクター職を経て、不動産ポータルサイト『HOME'S』運営 株式会社ネクストに転職し、WEBプロデューサー職などを歴任。2012年、不動産業界に特化してWEBマーケティングを支援する株式会社マーサリー設立。

 

2013年に株式会社エイリックを設立し、ASEAN不動産メディア事業『アジア不動産情報センター|ARIC』を立ち上げる。2015年より取締役。

 

タイ・バンコクの物件では賃料発生中、一度日本での納税を終えました。フィリピン・マニラのプレビルド物件はダウンペイメントで支払い中。なるべく投資家目線で情報発信をしたいと思います。

長友佑樹 のブログ

ペソ安がこのまま続けば不動産投資の追い風になる。

2018/09/05 written by 長友佑樹

カテゴリー: 金融 外国為替 その他

2018年9月5日 1フィリピンペソ(PHP)=2.08円です。 …

Read More

不動産営業マンとの付き合い方

2018/09/01 written by 長友佑樹

カテゴリー: その他 不動産関連 投資全般

男女同権について騒がしい昨今、営業パーソンと書かなければいけないのでしょうか。 …

Read More

バングラデシュの不動産業者さんとお会いしました。

2018/08/22 written by 長友佑樹

カテゴリー: 企業の海外進出 不動産関連

昨日、バングラデシュ不動産の業者さんとお会いしました。 …

Read More

海外不動産の客付力は「内装」が決め手です

2018/07/11 written by 長友佑樹

カテゴリー: 不動産関連

今年から日本人投資家が購入した物件がどんどん完成を迎えています。というわけで、今回は不動産の管理・客付けのお話です。 …

Read More

セブ空港の旅客受け入れが3倍になります。

2018/06/23 written by 長友佑樹

カテゴリー: 生活情報 その他 不動産関連

*http://www.nikkei.comより引用 2018年7月、マクタン・セブ空港の拡張工事がいよいよ完了し、旅客受け入れ可能数が2.8倍に増えます。…

Read More