毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  フィリピンのコラム >  フィリピン ミンダナオ島で活躍する日本人(日経新聞を読んで)

カテゴリー: 社会問題 その他 不動産関連

2016/09/25

フィリピン ミンダナオ島で活躍する日本人(日経新聞を読んで)

 

9/25日経新聞朝刊に、フィリピン ミンダナオ島でカカオ産業の発展に貢献する日本人、武藤慶操さんの記事が載っていました。

 

-- --- --- 

ミンダナオ島・・・ルソン島(首都マニラがある)に次いで二番目に大きい島。

キリスト教が9割を超えるフィリピンでは珍しく、島民はイスラム教を信仰しています。

 

主な産業もなくて貧しい地域ということもあり、つい数年前まで反政府組織が内戦をしていまして、最近では、今年5月に大統領に就任したドゥテルテ大統領の地元ということで有名になっています。

 

第二次大戦では激戦区で日本軍も進軍し、撤退後に日系の遺児が多く取り残されたという痛ましい歴史もあります。

-- --- --- 

 

さて、武藤さんの栽培するカカオは「幻」といわれる希少なもので「クリオカカオ」といい、全世界で生産されるカカオのわずか5%しかないのだそうです。

 

これを産業化して、いまは貧しい現地の人々に職をを提供したいと考えているとのこと。

 

海外で活躍する日本人の方がたくさんいます。素晴らしいですね。

 

 

9月2日夜にはミンダナオ島ダバオでは痛ましいテロもありましたが、知人に聞いたところ、いまはまったく沈静化しているとのことでした。

 

次回の出張では必ず寄りたいと思っています。

 

 

フィリピン・ミンダナオ島の爆発テロ

※写真は『AFP BB NEWS』より

長友佑樹

長友佑樹(ながともゆうき)

株式会社エイリック 取締役・ファウンダー

 

2001年 早稲田大学商学部卒。人材総合サービス業で営業職、インターネット専業広告代理店でWEBディレクター職を経て、不動産ポータルサイト『HOME'S』運営 株式会社ネクストに転職し、WEBプロデューサー職などを歴任。2012年、不動産業界に特化してWEBマーケティングを支援する株式会社マーサリー設立。

 

2013年に株式会社エイリックを設立し、ASEAN不動産メディア事業『アジア不動産情報センター|ARIC』を立ち上げる。2015年より取締役。

 

タイ・バンコクの物件では賃料発生中、一度日本での納税を終えました。フィリピン・マニラのプレビルド物件はダウンペイメントで支払い中。なるべく投資家目線で情報発信をしたいと思います。

長友佑樹 のブログ

ペソ安がこのまま続けば不動産投資の追い風になる。

2018/09/05 written by 長友佑樹

カテゴリー: 金融 外国為替 その他

2018年9月5日 1フィリピンペソ(PHP)=2.08円です。 …

Read More

不動産営業マンとの付き合い方

2018/09/01 written by 長友佑樹

カテゴリー: その他 不動産関連 投資全般

男女同権について騒がしい昨今、営業パーソンと書かなければいけないのでしょうか。 …

Read More

バングラデシュの不動産業者さんとお会いしました。

2018/08/22 written by 長友佑樹

カテゴリー: 企業の海外進出 不動産関連

昨日、バングラデシュ不動産の業者さんとお会いしました。 …

Read More

海外不動産の客付力は「内装」が決め手です

2018/07/11 written by 長友佑樹

カテゴリー: 不動産関連

今年から日本人投資家が購入した物件がどんどん完成を迎えています。というわけで、今回は不動産の管理・客付けのお話です。 …

Read More

セブ空港の旅客受け入れが3倍になります。

2018/06/23 written by 長友佑樹

カテゴリー: 生活情報 その他 不動産関連

*http://www.nikkei.comより引用 2018年7月、マクタン・セブ空港の拡張工事がいよいよ完了し、旅客受け入れ可能数が2.8倍に増えます。…

Read More