毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  フィリピンのコラム >  フィリピン不動産視察ツアー初日のご報告

カテゴリー: 不動産関連 投資全般

2016/03/27

フィリピン不動産視察ツアー初日のご報告

マカティCBDのコンドミニアム「ビーコン」

 

昨日からARIC会員の方を10名ほどお連れして、フィリピン不動産視察ツアーに来ています。

 

上写真は、マカティCBDにある超高層コンドミニアム「ビーコン」の屋上庭園からの眺めです。街を一望できる大変良い眺望です。

 

高速の入り口に近く、渋滞を気にせずマニラ南部の工業に車通勤できることもあって、日本人駐在員にも大変人気の物件だそうです。

 

「ジャズレジデンス」マカティCBDのコンドミニアム

 

こちらは同じくマカティCBDの「ジャズレジデンス」です。デベロッパーは大手小売系の「SMDC」で、一階には得意のスーパーマーケットが併設されています。

 

6階にはプールやジムなどの共用施設が充実しており、26m2とコンパクトなスタジオタイプ(1R)は単身の駐在員に人気だそうです。

 

若干デベロッパーの在庫もあるそうで、価格は330万P(1P=2.4円換算で792万円)、賃料相場は現地向けで2.3万~2.5万、日本人向けにあつらえた部屋では2.9万~3万Pとのことでしたので、表面利回り8~10%となりますね。

 

賃貸事情として、日本と違い家具付が一般的で家具や内装のつくりで賃料に差をつけることができます。

 

さらに、運用面でマンスリーや短期貸しも駆使すると、高い利回りを得られることも可能だそうです。

 

今回ご案内いただいたValueAsia社の三宅さんにこの場を借りてお礼申し上げます。

 

フィリピン不動産ツアー、物件視察中の様子

長友佑樹

長友佑樹(ながともゆうき)

株式会社エイリック 取締役・ファウンダー

 

2001年 早稲田大学商学部卒。人材総合サービス業で営業職、インターネット専業広告代理店でWEBディレクター職を経て、不動産ポータルサイト『HOME'S』運営 株式会社ネクストに転職し、WEBプロデューサー職などを歴任。2012年、不動産業界に特化してWEBマーケティングを支援する株式会社マーサリー設立。

 

2013年に株式会社エイリックを設立し、ASEAN不動産メディア事業『アジア不動産情報センター|ARIC』を立ち上げる。2015年より取締役。

 

タイ・バンコクの物件では賃料発生中、一度日本での納税を終えました。フィリピン・マニラのプレビルド物件はダウンペイメントで支払い中。なるべく投資家目線で情報発信をしたいと思います。

長友佑樹 のブログ

ペソ安がこのまま続けば不動産投資の追い風になる。

2018/09/05 written by 長友佑樹

カテゴリー: 金融 外国為替 その他

2018年9月5日 1フィリピンペソ(PHP)=2.08円です。 …

Read More

不動産営業マンとの付き合い方

2018/09/01 written by 長友佑樹

カテゴリー: その他 不動産関連 投資全般

男女同権について騒がしい昨今、営業パーソンと書かなければいけないのでしょうか。 …

Read More

バングラデシュの不動産業者さんとお会いしました。

2018/08/22 written by 長友佑樹

カテゴリー: 企業の海外進出 不動産関連

昨日、バングラデシュ不動産の業者さんとお会いしました。 …

Read More

海外不動産の客付力は「内装」が決め手です

2018/07/11 written by 長友佑樹

カテゴリー: 不動産関連

今年から日本人投資家が購入した物件がどんどん完成を迎えています。というわけで、今回は不動産の管理・客付けのお話です。 …

Read More

セブ空港の旅客受け入れが3倍になります。

2018/06/23 written by 長友佑樹

カテゴリー: 生活情報 その他 不動産関連

*http://www.nikkei.comより引用 2018年7月、マクタン・セブ空港の拡張工事がいよいよ完了し、旅客受け入れ可能数が2.8倍に増えます。…

Read More