毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  日本のコラム >  東南アジアへの教育旅行セミナーが開催されました

カテゴリー: その他

2017/09/11

東南アジアへの教育旅行セミナーが開催されました

 

日本アセアンセンターは、ASEAN50周年の記念事業として「東南アジアへの教育旅行セミナー」を開催しました。

 

東南アジアは、日本から短時間で渡航が可能であることや時差が少ないこと、治安が良好であること、文化的多様性、英語学習が出来ることなどが強みであり、教育旅行先の選択肢として人気が高まっています。

 

[以下引用]

日本アセアンセンター観光交流部部長のワットゥニヨム・ドゥアンマラー氏は「日本とASEANの友好・協力関係の強化を実現するために、若い世代がASEANを訪れ、交流し刺激を受けることが、これからの日本にとって大変重要な視点だと思う」と述べ、セミナーで東南アジアを知ってもらい、教育旅行先として選ばれることを期待していると挨拶した。

 

マレーシア政府観光局、フィリピン観光省、シンガポール政府観光局、タイ国政府観光庁が共催となり、旅行会社や学校関係者に対して、各国の教育旅行(修学旅行・語学研修)に関する取り組みが紹介されました。

 

■マレーシア

マレーシア政府観光局は、英語レベルと多様性、交通の利便性をマレーシアの魅力として紹介。独特の訛りや特長があるマレーシア英語は「マングリッシュ」と呼ばれており、日本より高いともいわれているほどの英語力をアピールしました。

また、マレーシアは多民族国家でありマレー系、中国系、先住民族が住んでいる。多様性も魅力のひとつです。

2017年7月中旬に開通したMRTにより交通の利便性が高まったことも紹介されました。

 

■フィリピン

フィリピン観光省は、2016年に長期・短期留学を合わせて約5万人の日本人がフィリピンに留学している点をあげました。

近年、フィリピン留学の人気は上昇しており、ローコスト・ハイクオリティのマンツーマン授業を求めている人が多いことは明らかです。

 

■シンガポール

シンガポール政府観光局は、教育旅行のポイントについて以下を紹介。

 

[以下引用]

安全性や異文化交流のほかに「自然、エコロジー、生物の多様性」「科学、テクノロジー、数学」「リーダーシップ&ライフスキル」「シンガポールストーリー」の4つの教育テーマを強みとして列挙。

 

また、日本以外の国からも学校交流の人気が高まっていることを紹介しました。

 

■タイ

タイ国政府観光庁は、大学・高校でのスポーツ交流、タイ料理を学ぶ交流など、タイで実際に行われた異文化交流の事例を紹介しました。

また、タイに駐在している日本人が多いこともアピールの一つとして取り上げられ、日本人医師のいる病院が多いことも紹介されました。

 

在タイ日本国大使館によると、約4万人の日本人がタイに在留しているそうです。


 

各国の特長や強みが明確に紹介され、魅力を改めて知るきっかけになったかと思います。

 

[以下引用]

日本から近く、時差も少なく、治安も良好、文化的な多様性を肌で感じることができ、質の高い英語学習が可能であること等、ASEAN諸国の強みを紹介し、ASEAN諸国を教育旅行先の選択肢として提案する機会となりました。

 

東南アジアへの修学旅行について

 

公益財団法人全国修学旅行研究協会の平成27年度全国公私立高等学校海外修学旅行実施状況によると、平成27年度の訪問国別実施校数比は東南アジアが27.9%を占めています。

 

さらに国別にみると、シンガポール(13.2%)、マレーシア(10.5%)、ベトナム(2.3%)、カンボジア(0.7%)、タイとフィリピン(各0.5%)と続いています。

 

5年前の平成22年度のデータでは、東南アジア全体では22.8%。

国別だと、マレーシア(10.7%)、シンガポール(10.6%)、ベトナム(0.8%)、インドネシアとフィリピン(各0.2%)となっています。

 

シンガポールとベトナムが増加傾向にあり、カンボジアは急上昇していることがわかります。

 

今後、ますますダイバーシティが求められる時代になっていくのは明らかであるため、ASEANへの教育旅行を通して異文化に興味・関心をもち、国際理解が深まるきっかけとなることに期待したいですね。

 

参考記事

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=78807(2017.8.17)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000010699.html(2017.8.7)

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/zairyu06.htm

http://shugakuryoko.com/chosa/kaigai/index.html

 

画像引用元

https://www.photo-ac.com/main/detail/671789?title=%E4%BF%AE%E5%AD%A6%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%81%A7%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%81%B8&selected_size=s

 

ASEAN不動産研究所

ASEAN不動産研究所(あせあんふどうさんけんきゅうしょ)

 

ASEAN不動産研究所は将来成長していくASEANの不動産市場を調査し、

より公平で中立的な立場で情報発信する小さな研究所です。

 

日本の未来と密接に絡んでくるASEANというエリアを紐解き、

ASEANの不動産市場の透明化・健全化を目指し、

多くの方にASEANの素晴らしさを共有していきたいと思っています。

そして、日本とASEANを繋ぐ一助になれば、と思って立ち上げました。

 

ぜひASEAN不動産研究所の今後にご期待ください。

 

           ASEAN不動産研究所 所長      田中 圭介 

 

ASEAN不動産研究所 のブログ

ガルーダ・インドネシア航空に新路線。英豪の経由にも

2017/11/14 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

こちらはインドネシアの空の便に関するニュース。スカルノハッタ空港より、インドネシアとロンドンを結ぶ直行便の利用が可能になりました。 以下、少し長いですがじゃかるた新聞より引用です。…

Read More

タイ、無印良品の勢いが止まらない

2017/11/07 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

各国で高い人気を誇り、パクリ(?)店舗が出てくるほどのブランドにまで成長した無印良品。その安心と信頼の人気はタイ国内でも例外ではありません。 …

Read More

ミャンマービジネス誌事情

2017/10/11 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: その他

少し前になりますが、こんなニュースがありました。少し長いですが一部引用します。 …

Read More