アジア不動産情報センター ARIC >  インドネシアのコラム >  インドネシア、露スホーイ機と天然ゴムの取引?

カテゴリー: 政治 社会問題 その他

2017/06/08

インドネシア、露スホーイ機と天然ゴムの取引?


 

ロシア政府はスホーイ戦闘機とインドネシアの天然ゴムとの交換取引に意欲的な姿勢を示していると5月16日付のジャカルタポストが報じています。もしこれが成立すれば約6億ドル相当の交換取引になるとのことです。
 

インドネシア政府はこの申し出に対して明確な決断を下していないが、もし合意されることになれば合意の合法性の根拠となる行政法規の草案作成に乗りだすだろうと外務省貿易大臣のオキ氏は語ります。
 

双方ともにこの交換取引には前向きには前向きで、ロシアが天然ゴムを必要としているのと同様にインドネシアもスホーイ戦闘機を所有したいと強く考えているとのこと。
 

ロシアとしてはシリア軍需などから供給量に余裕があり、インドネシアは近隣諸国の不安定な情勢を憂慮して軍事力の強化を狙っている、というところで双方のニーズが一致したのではないでしょうか。
 

インドネシアゴム協会は、インドネシアゴムの市場を拡大し、また天然ゴムの価格上昇のきっかけになるのではないかと期待しています。先月の取引で天然ゴムは今年最安値を記録し、世界的な需要も低下しています。落ち込んだゴム価格は再び回復することはあるのでしょうか。

またスホーイ戦闘機を得ることでパワーバランスが大きく改変されるということはなさそうですが、インドネシア政府が軍事的にどのよう立ち位置を目指しているのか気になるところですね。

 

ソース; The Jakarta Post “Russia wants to barter Sukhoi for Indonesian rubber” 2017.5.16
(http://www.thejakartapost.com/news/2017/05/16/russia-wants-to-barter-sukhoi-for-indonesian-rubber.html)

ASEAN不動産研究所

ASEAN不動産研究所(あせあんふどうさんけんきゅうしょ)

 

ASEAN不動産研究所は将来成長していくASEANの不動産市場を調査し、

より公平で中立的な立場で情報発信する小さな研究所です。

 

日本の未来と密接に絡んでくるASEANというエリアを紐解き、

ASEANの不動産市場の透明化・健全化を目指し、

多くの方にASEANの素晴らしさを共有していきたいと思っています。

そして、日本とASEANを繋ぐ一助になれば、と思って立ち上げました。

 

ぜひASEAN不動産研究所の今後にご期待ください。

 

           ASEAN不動産研究所 所長      田中 圭介 

 

ASEAN不動産研究所 のブログ

フィリピンの銀行で内部処理エラー

2017/06/27 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 金融 社会問題 その他

フィリピンアイランズ銀行(BPI)で不正な送金などが突発的に発生していると ソーシャルメディアで多くの利用者が指摘している問題について、…

Read More

インドネシア カリジョド地区、公共スペースを設け治安の質向上へ

2017/06/26 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: その他

カリジョド地区の不法住宅を立ち退きさせ、誰もが気軽に立ち入れるような 公共スペースを作る計画を政府が実行するとジャカルタポストが報じました。…

Read More

タイ政府、工業地帯成長強化戦略へ

2017/06/22 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 政治 社会問題 その他

バンコクポストは23日、タイ政府は憲法に規定された経済援助を発動する見込みであると報じました。 投資承認を促進させ、東部の工業地帯での約440億ドルの経済成長を目指すとのこと。…

Read More

オールタイタクシー、地方展開へ

2017/06/16 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報 その他

タイのタクシー会社、オールタイタクシーが東北部のウボンラチャタニ県でのサービスを展開するとのこと。 …

Read More