毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  その他のコラム >  第45回 東南アジアに進出している飲食業 その1

カテゴリー: グルメ 生活情報

2017/12/08

第45回 東南アジアに進出している飲食業 その1

出典:大戸屋HPより

 

タイでもその存在感はピカイチ。

大戸屋です。タイだけで44店舗あります(2017年11月現在)。

 

この大戸屋にどれだけ救われたか(笑)

 

2011年当時、私はバンコクの片隅でタイ人に囲まれて不動産ポータルサイトを日本人2名とタイ人で作っていました。毎日食べるものはタイ料理、しかも屋台。夜になったら野良犬に追いかけられ、朝から晩までバンコクの片田舎で街に出ることもなく籠っていました。

 

そんなある日、ようやく休みが取れそうだ、ということで、小休憩で街に出ようとなり、最初に見つけたのがBTSサラデーン駅前のタニヤビルに入っている大戸屋。そこでアジの干物定食を頼んで食べた時の感動(笑)

 

タイに入国してから約3ヶ月、籠りっぱなしの我々が久々の和食を食べて、我を忘れてご飯を食べました。涙が出そうなほど美味しかったですよ、ほんとに。

と、私にとっては懐かしい思い出なんですが、駐在員にとっても癒しの場でもあります。

 

ちなみに大戸屋を創業された三森氏、残念ながら他界されてしまいましたがタイが好きでバンコクには「みつもり」という名の素敵なお店があります。私もよく通わせていただきました。地鶏とお蕎麦の美味しい店で、大戸屋最高級ブランドという位置付けです。ぜひご興味のある方は行ってみてください。ネットで検索すれば出てきますので。

 

続きまして、こちらは異色の進出をした会社。

出典:https://www.hachiban.co.jp/business/abroad/

 

知る人ぞ知る、「8番ラーメン」

東京や大阪の方には馴染みが少ないかもしれませんが、石川県で国道8号線沿いに最初の店をオープンしたから「8番ラーメン」。歴史も古く、1967年創業の会社です。

 

タイに進出したのは1992年、現在はなんとタイ全土で119店舗もあります。

2006年にはセントラルキッチン方式で200店舗分までの供給が可能な工場を作りました。

 

おそらくタイ人で8番ラーメンを知らない人は少ない、それくらい現地で根付いたラーメン店かと思います。

 

私も学生時代に石川県の友人宅に行った時、初めて8番ラーメンを知り、地元に愛されるラーメン屋、という印象を受けて非常にびっくりしました。

 

 

が、味は現地人向け(笑)柔らかいんですよね、麺が。

でも安いんです、とにかく。

ラーメン1杯が250円くらい(日本だと600円前後)。タイ人に愛されているタイ最強のラーメンチェーンだと思います。私も現地のスタッフによく連れて行かれました。でも日本人からすると、特に北陸出身の方からすると味が違いすぎるので、日本で食べたほうが良いかもしれませんねw

 

それでも現地での人気は凄まじいものがあります。

成功しているチェーン店の一つだと思います。

 

和食、ラーメンとくれば、カレー、ということで

当然ですがカレーも進出しています。

出典:http://www.cocothailand.com/2013/

 

現在、タイで27店舗あります(2017年11月現在)。

これまたタイはグリーンカレーだ、レッドカレーだ、と名物があるんですが、とはいえ、CoCo壱番屋のカレーって安心しますよね(笑)

 

ということで、8番ラーメンよりもちょっとお高めですが、それでもタイ人も好きですね。進出当初は辛くない!って言われていたそうですが、タイ人だって辛いのが苦手な人もいるわけで、きちんと住み分けできています。

 

ちなみに、タイだけでなく中国、台湾、シンガポール、フィリピン、インドネシアなど多方面でも進出を果たしています。飲食業はやっぱり店舗数が命ですから、成功して勢いに乗っている、そんな感じがしますね。

 

ちなみに、私はタイに行った時はあまり食べませんが、インドネシアでCoCo壱番屋を食べた時は感動しました(笑)その時もインドネシア料理ばかりだったので、ふらっと入ったCoCo壱番屋で日本を感じるという。

 

まぁ日本人ってそんなもんですよ、正直。

でも世界に行っても日本の味を楽しめるのは本当に嬉しい限りです。

 

 

次回以降も進出企業特集をしていきます!

 

 

田中圭介

田中圭介(たなかけいすけ)

株式会社エイリック 代表取締役 兼 ASEAN不動産研究所所長

1979年兵庫県生まれ、関西学院大学経済学部卒。
新卒で外資系製薬メーカー入社後、出版社を立ち上げる。
その後、大手不動産ポータルサイト『HOME'S』で営業責任者を5年以上歴任。
2011年タイにて現地法人の立ち上げ、現地不動産ポータルサイトを立ち上げた経験を持つ。
在タイ時代から数多くの人脈を持ち、ASEAN各国を駆けずり回る。
現場主義を信条とし、自身の経験や知識を元に投資家や企業のサポートを行う。
主な著書に「ASEAN不動産投資の教科書」「新入社員論(文芸社)」など3冊。
2015年より現職。

田中圭介 のブログ

第55回 ミャンマーの今後について

2018/09/26 written by 田中圭介

カテゴリー: その他 不動産関連 投資全般

*ミャンマーの街並み ARIC田中です。 今回はミャンマーについて。…

Read More

第54回 THE RIZIN竣工記念パーティーに参加しました

2018/08/28 written by 田中圭介

カテゴリー:

*2018年8月:田中撮影 ARIC田中です。 バンコク、タイに出張中です。…

Read More

第53回 10月についにシンハーコンプレックスが開業

2018/08/07 written by 田中圭介

カテゴリー:

写真:Singha Estate HPより 東南アジア好きの皆様、「シンハー」と聞けば何を思い浮かべるでしょうか?…

Read More

第51回 閑話休題:2020年東京オリンピック

2018/07/25 written by 田中圭介

カテゴリー: その他 不動産関連

*TOKYO2020 HPより 東京オリンピックまであと2年。 おそらく私の人生で最初で最後の母国開催。楽しみでしかありません。…

Read More