毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

資金調達の記事一覧

« 前へ 1 次へ »

マレーシア、高速鉄道のその先は?

2017/10/10 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報 政治

 9月14日に前国会議長のハリマ・ヤコブ氏が初の女性大統領に就任したことでも話題のシンガポール。中国系、インド系など様々な人種が存在するマレーシアですが、その多様さにも関わらず今回の大統領選にはマレー系しか立候補できませんでした。手続き上の民主制にいささ…

Read More

タイ、酒やたばこの税率引き上げ。税収120億バーツ増

2017/10/06 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報

newsclip.beが報じています。以下、引用です。 タイの改正物品税法が16日、施行された。物品税関連の法律を一本化し、税額の算出方法を変更したもので、年間約120億バーツの税収増となる見通し。 報道によると、たばこは1箱2―15バーツの増税、輸入ワ…

Read More

中国、タイ高速鉄道プロジェクト始動。それぞれの想いは?

2017/10/04 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報

 タイと中国を結ぶ高速鉄道の建設プロジェクトが遂に始動したとのことです。この高速鉄道は、タイーラオスを結びそしてさらにラオス―中国の昆明まで結びます。これが実現すれば全長約860キロの鉄道が大陸を走ることになります。中国と東南アジア諸国とのつながりがより…

Read More

第一生命、ベトナム大手サコムバンクと業務提携

2017/10/03 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

次のようなニュースがありました。ベトナムニュースより以下一部引用です。 第一生命ホールディングス株式会社(東京都千代田区)の100%出資子会社、第一生命ベトナム(Dai-ichiLifeInsuranceCompanyofVietnam、ホーチミン市)は…

Read More

マーベルのテーマパーク、タイバンコクでも興行

2017/10/02 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出 その他

 スパイダーマンやキャプテンアメリカ、アイアンマンなどのキャラクターでお馴染みの米マーベル社による移動式のテーマパーク「マーベル・エクスペリエンス」がバンコクでもオープン予定です。 今年2017年1月に香港ディズニーランド内にオープンしたことで…

Read More

タイ バンコク高架電車、値上げへ

2017/09/28 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報

 バンコクの高架電車BTSが運賃の増額を決定している模様です。newsclip.beが報じています。以下、引用です。    バンコクの高架電車BTSは10月1日から運賃を1―3バーツ引き上げる。値上げの対象区間はスクムビット線のモーチット―オン…

Read More

JT、東南アジアで事業展開

2017/09/27 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

 日本たばこ産業(JT)が東南アジアで事業展開して幅を広げている模様です。 日本たばこ産業はフィリピンのたばこ大手マイティー・コーポレーションのたばこ部門を1122億円で、インドネシアのたばこ流通販売会社を約745億円で取得することを発表してい…

Read More

フィリピン、教育とインフラを強化する予算案

2017/09/26 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報 政治

 フィリピン政府に提出されている来年度の予算計画は、教育とインフラ開発を最優先とした内容のものであるとDBMが報告して居ます。CNNフィリピンが報じています。 関係者によりますと、2018年度の予算額はおよそ3.7兆ペソにのぼり、本年度の予算よ…

Read More

バンコク都市鉄道ブルーライン、パープルラインと接続可能に

2017/09/22 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報

 以下のようなニュースが飛び込んできました。以下一部引用。 バンコク首都圏の都市鉄道ブルーライン(地下鉄MRT)北西端のバンスー駅と都市鉄道パープルライン南端のタオプーン駅を結ぶブルーライン延伸区間の運行が11日正午過ぎに始まった。延伸区間は全…

Read More

ベトナム財務省 VATを12%まで引き上げか

2017/09/20 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 金融

 ベトナム財務省は現在10%の付加価値税VATを2年後の2019年に12%まで引き上げる方針であることを示しました。バンコクポストが報じています。問題となって居る公共負債の返済の財源の一部にするとのことです。 財務省はこの公債は今年にはGDPの…

Read More

タイ、タークシン橋駅を拡張・複線化で輸送力強化

2017/09/14 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 生活情報

 デジタル化、通信の発達、国際化―――近代化や発展と耳にするとこんなイメージを抱きがちかもしれませんが、もっと武骨なところが大事なのかもしれません。 というのも、タイでバンコクの高架電車が複線化するという発表がありました。以下newsclipよ…

Read More

第39回 プノンペン視察 後編

2017/09/12 written by 田中圭介

カテゴリー: 政治 不動産関連 投資全般

  ARIC田中です。 さてプノンペン後編です。前回、これだけ建設されて需要があるのか?という話をしました。人口流入が増えていくという話をしましたが、もう一つカンボジアの場合には大きな要素があります。それが2018年7月予定の首相選で…

Read More

ミャンマー、金融産業などの成長に意欲

2017/09/07 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 政治 その他

東南アジアの中でも特に経済成長が著しいミャンマーですが、こんなニュースが飛び込んできました。以下、ミャンマーニュースより引用です。 ミャンマーのミン・スエ副大統領、世界銀行ビジネスランキングの目標を発表170位から100位以内へ大幅上昇を目指すミャンマー…

Read More

2020年、ミャンマーに日系ホテル続々

2017/09/06 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

2020年、ミャンマーに2つのホテルが開業予定です。1つめは『オーク プレステージ…

Read More

タイで自動車のあり方が変わる?

2017/08/28 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

電話はいつしかポケットの中にあるものになり、鉄道は電車になり新幹線、リニアなど次々に形を変えつつありますが、なかなか目立った変化が見られないのが自動車。個人レベルで見れば高い買い物ですし、新しいものが出てもなかなか直ぐには普及しにくいのが自動車です。そんな中、こん…

Read More

第37回 タイで次々と大手不動産会社が現地企業とJVへ。

2017/08/25 written by 田中圭介

カテゴリー: 企業の海外進出 不動産関連

        ARIC田中です。 最近、やたらめったらと忙しいです。お盆が明けたからなのか、よくわかりませんけど。その理由が「日系不動産会社がタイのデベロッパーとJVして、…

Read More

タイのディシュタニ、ベトナムやセブでホテル運営

2017/08/22 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

タイのホテル会社デュシュタニが新たなホテル運営に着手するようです。本国タイや中国などですでに29軒のブランドホテルを運営している同社のエリアは東南アジアへ広がりを見せています。ベトナム南部に位置するビーチリゾートのブンタウでは2018年に開業するホテルの受託運営を…

Read More

フィリピン経済、衰え見せず?

2017/08/18 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 政治 その他

インフラ投資の増加と税金改革策の承認の見込みがあることからフィリピン国内の経済成長率は2017年は6.5%、さらに2018年には6.7%になるのではないかとアジア開発銀行が発表したとCNNPhilippinesが報じています。ドゥテルテ政権は大掛かりなインフラ政策…

Read More

セブンイレブン ベトナム4号店が開店

2017/08/17 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 企業の海外進出

今月7日、ホーチンミン市にセブンイレブンのベトナム4号店が開店しました。6月に同市オフィスビル内に1号店をオープンしてから怒涛の勢いで4号店目に足をかけており、かなり好調と言えます。セブン・システム・ベトナムはホーチミン市で集中的に出店し、その後他地域への足を伸ば…

Read More

三井不動産レジがフィリピン進出決定!

2017/08/16 written by 長友佑樹

カテゴリー: 企業の海外進出 不動産関連

先月発表されていましたが、三井不動産レジデンシャルさんが、フィリピンでメトロマニラ(東京23区にあたります)のケソン市で商業施設併設の1,700戸の分譲住宅の大規模複合開発を行うとのこと。 フィリピン推しのわたしとしては、日系大手デベロッパー(それも三井…

Read More
« 前へ 1 次へ »