毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  ベトナムのコラム >  No.92 外貨流入、ベトナム不動産市場活況?

カテゴリー: 不動産関連

2015/05/12

No.92 外貨流入、ベトナム不動産市場活況?

ベトナム計画投資省外国投資庁によると、不動産分野への外国からの直接投資(FDI)額は投資の受け入れ開始から今年3月20日までの累計で484億ドル(約5兆7857億円)に上る。景気回復の兆しが鮮明となるなか、不動産市況も上向いており、今年はさらに投資流入が加速すると予測される。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。

 FDI事業の累計額と件数を国別にみると、シンガポールが首位で100億ドル(75件)、次いで韓国の70億ドル(82件)となっている。投資先の都市は、同国最大都市の南部ホーチミンが134億ドル(190件)、北部の首都ハノイが80億ドル(92件)で、2大都市が半分を占めた。また、不動産開発事業の66.5%を外資企業が占め、30%を外資と現地企業による合弁企業が手掛けている。

 外国投資庁は、今年、法改正により投資環境が改善し、不動産分野への投資を一段と呼び込むことができるとの見方だ。さらに、ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加を表明していることや、自由貿易協定の締結を推進していることなどから、今後、経済活動が活発化し、同分野への投資流入を後押しするとみられている。

ASEAN不動産研究所

ASEAN不動産研究所(あせあんふどうさんけんきゅうしょ)

 

ASEAN不動産研究所は将来成長していくASEANの不動産市場を調査し、

より公平で中立的な立場で情報発信する小さな研究所です。

 

日本の未来と密接に絡んでくるASEANというエリアを紐解き、

ASEANの不動産市場の透明化・健全化を目指し、

多くの方にASEANの素晴らしさを共有していきたいと思っています。

そして、日本とASEANを繋ぐ一助になれば、と思って立ち上げました。

 

ぜひASEAN不動産研究所の今後にご期待ください。

 

           ASEAN不動産研究所 所長      田中 圭介 

 

ASEAN不動産研究所 のブログ

第60回 ベトナムに進出したい!

2019/01/24 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 不動産関連 お知らせ

さて、2年ほど前からベトナムに進出したいというお声をいただき 調査をしたり、現地に行ったり、現地企業にヒアリングしたり、と色々とやっています。 …

Read More

【お勧め本】不動産投資に関するわかりやすいマンガ

2018/10/24 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー:

『好きなように生きたくて不動産投資はじめました。(鈴木優平著)』 …

Read More

第57回 出張講演終了。

2018/10/08 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー:

*2018年10月7日大阪セミナーでの様子 ARIC田中です。…

Read More

ウィラーとマイリン、新会社設立。ベトナムの移動サービスの技術革新を狙う

2018/02/13 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: その他

高速バスで知られるウィラーとベトナム最大手のタクシー会社のマイリングループが新会社を設立。1月にホーチミンで開業式がひらかれました。 …

Read More