毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  ベトナムのコラム >  No.171 前田建設、地場企業とホーチミンで不動産開発

カテゴリー: 企業の海外進出 その他 不動産関連 投資全般

2016/07/25

No.171 前田建設、地場企業とホーチミンで不動産開発

前田建設がホーチミンで不動産開発をやるらしいです。

以下、nnaからの記事を抜粋。

前田建設工業は23日、ベトナムの不動産開発会社ティエン・ドゥック・トレーディング・アンド・コンストラクションとホーチミン市2区における不動産開発事業で合弁契約を締結した。日本の著名な建築家、隈研吾氏のコンセプトデザインにより、商業施設を併設した高級マンション「WATERINA SUITES」(25階建て、全98戸)を開発する。

20160725 icn maeda..wgif

調印式で握手を交わす前田建設の小原会長(前列左)とティエン・ドゥックのレ・バン・キエム会長=23日、ホーチミン市

 

ホーチミン市で同日開かれた調印およびプロジェクト紹介式典には、日系企業の関係者やティエン・ドゥック側の招待客など約100人が出席した。

前田建設工業の小原好一会長は、「ベトナムでは1997年に着工したダーミー水力発電ダム(南部ビントゥアン省)に始まり、タンソンニャット国際空港(ホーチミン市)の建設工事でも実績を重ねてきた。2007年に現地法人マエダベトナムを設立して以来、外資系を含む40社以上の建築工事を請け負ってきたほか、14年にはホーチミン市都市鉄道(メトロ)1号線の工事にも着手した」と、約20年にわたり同国のインフラ分野で実績を築いてきたことに言及。今回新たに手掛ける不動産開発事業では、高品質で長寿命な住宅の供給を目指すとした。

在ホーチミン日本総領事館の中嶋敏総領事は、ホーチミン市の15年の域内総生産(GDP)は9.85%と国の経済をけん引しており、15年7月の改正住宅法の施行により外国人の不動産購入要件が緩和されたことから、不動産市場が活気づいていることに言及。「前田建設とティエン・ドゥックの不動産開発が日越協力を象徴する事業となることに期待している」と述べた。

ティエン・ドゥックは、南部ドンナイ省で「ロンタイン・ゴルフ・クラブ」を運営するロンタイン・グループの傘下で、不動産開発を手掛ける。ホーチミン市2区では、シンガポールの不動産開発大手キャピタランドと高級マンション「ビスタ・アンフー」や「ビスタ・ベルデ」などを開発している。

 

デベロッパーというよりはゼネコンが不動産開発をやるとのことで、楽しみな案件です。ホーチミンへの投資もますます活発になってきました。

ASEAN不動産研究所

ASEAN不動産研究所(あせあんふどうさんけんきゅうしょ)

 

ASEAN不動産研究所は将来成長していくASEANの不動産市場を調査し、

より公平で中立的な立場で情報発信する小さな研究所です。

 

日本の未来と密接に絡んでくるASEANというエリアを紐解き、

ASEANの不動産市場の透明化・健全化を目指し、

多くの方にASEANの素晴らしさを共有していきたいと思っています。

そして、日本とASEANを繋ぐ一助になれば、と思って立ち上げました。

 

ぜひASEAN不動産研究所の今後にご期待ください。

 

           ASEAN不動産研究所 所長      田中 圭介 

 

ASEAN不動産研究所 のブログ

第60回 ベトナムに進出したい!

2019/01/24 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: 不動産関連 お知らせ

さて、2年ほど前からベトナムに進出したいというお声をいただき 調査をしたり、現地に行ったり、現地企業にヒアリングしたり、と色々とやっています。 …

Read More

【お勧め本】不動産投資に関するわかりやすいマンガ

2018/10/24 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー:

『好きなように生きたくて不動産投資はじめました。(鈴木優平著)』 …

Read More

第57回 出張講演終了。

2018/10/08 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー:

*2018年10月7日大阪セミナーでの様子 ARIC田中です。…

Read More

ウィラーとマイリン、新会社設立。ベトナムの移動サービスの技術革新を狙う

2018/02/13 written by ASEAN不動産研究所

カテゴリー: その他

高速バスで知られるウィラーとベトナム最大手のタクシー会社のマイリングループが新会社を設立。1月にホーチミンで開業式がひらかれました。 …

Read More