毎週水曜日配信のメルマガ登録

メルマガ登録(無料) ×閉じる

アジア不動産情報センター ARIC >  ベトナムのコラム >  ベトナムは日本企業の海外進出先として人気一位

カテゴリー: 企業の海外進出 不動産関連 投資全般

2016/05/18

ベトナムは日本企業の海外進出先として人気一位

ベトナムは日本企業の海外進出先人気一位

 

帝国データバンクによれば、日本企業のASEAN進出先として最も多いのはタイでした。至極納得の結果ですね。

 

全体では1万1,328社で、国別の進出先上位は以下の通り。

 

1位 タイ 4,788社

2位 シンガポール 2,821社

3位 ベトナム 2,527社

4位 インドネシア 2,021社

5位 マレーシア 1,672社

6位 フィリピン 1,334社

 

ただし、特にベトナムの伸びが著しく、「海外進出に関する企業の意識調査」のなかでも"生産拠点として最も重視する国・地域"の1位に選ばれたそうです。

 

日系企業の駐在員は現地では富裕層。つまり、高級賃貸物件の借り手です。

ドンドン進出して欲しいと思います。

 

ちなみにですが、

 

業種別では「製造業」が43.5%、「卸売業」が24.9%でした。

 

フィリピンは製造業が少ない、と思っていましたが、フィリピンの「製造業」割合は40.6%と少なくないことがわかりました。

 

この調査では詳細まではわかりませんが、進出企業または向上の規模が小さいのかも知れませんね。

長友佑樹

長友佑樹(ながともゆうき)

株式会社エイリック 取締役・ファウンダー

 

2001年 早稲田大学商学部卒。人材総合サービス業で営業職、インターネット専業広告代理店でWEBディレクター職を経て、不動産ポータルサイト『HOME'S』運営 株式会社ネクストに転職し、WEBプロデューサー職などを歴任。2012年、不動産業界に特化してWEBマーケティングを支援する株式会社マーサリー設立。

 

2013年に株式会社エイリックを設立し、ASEAN不動産メディア事業『アジア不動産情報センター|ARIC』を立ち上げる。2015年より取締役。

 

タイ・バンコクの物件では賃料発生中、一度日本での納税を終えました。フィリピン・マニラのプレビルド物件はダウンペイメントで支払い中。なるべく投資家目線で情報発信をしたいと思います。

長友佑樹 のブログ

ペソ安がこのまま続けば不動産投資の追い風になる。

2018/09/05 written by 長友佑樹

カテゴリー: 金融 外国為替 その他

2018年9月5日 1フィリピンペソ(PHP)=2.08円です。 …

Read More

不動産営業マンとの付き合い方

2018/09/01 written by 長友佑樹

カテゴリー: その他 不動産関連 投資全般

男女同権について騒がしい昨今、営業パーソンと書かなければいけないのでしょうか。 …

Read More

バングラデシュの不動産業者さんとお会いしました。

2018/08/22 written by 長友佑樹

カテゴリー: 企業の海外進出 不動産関連

昨日、バングラデシュ不動産の業者さんとお会いしました。 …

Read More

海外不動産の客付力は「内装」が決め手です

2018/07/11 written by 長友佑樹

カテゴリー: 不動産関連

今年から日本人投資家が購入した物件がどんどん完成を迎えています。というわけで、今回は不動産の管理・客付けのお話です。 …

Read More

セブ空港の旅客受け入れが3倍になります。

2018/06/23 written by 長友佑樹

カテゴリー: 生活情報 その他 不動産関連

*http://www.nikkei.comより引用 2018年7月、マクタン・セブ空港の拡張工事がいよいよ完了し、旅客受け入れ可能数が2.8倍に増えます。…

Read More